自 己 紹 介

自分の写真
京都市在中。自宅近くの嵐山周辺の西山や、桂川がホームグラウンドです。 現在飼育中の、数種のカエル・トカゲ・ 昆虫・鳴く虫の飼育記や、植物・ 野生生物を中心とした自然観察記、 釣り・山登りのレポートを記事にして いる、自然をこよなく愛す40代です(*^_^*)

2013年10月26日土曜日

伊丹昆虫館へ行く:本編

さて、この前の続きです。
寒い中の山中を通り、ようやく伊丹昆虫館に到着しました。
(あ、その前に近くのお店で昼食しました)
ここは、昆陽池公園(こやいけ)の一角にあります。
昆陽池公園は、自然が少ない伊丹市に於いて、
自然豊で貴重な公園です。
事前に、色々なサイトを見ましたが、
昆虫館&昆陽池公園のバイク駐輪に関する記事がないのです。
クルマの駐車場は、公園の一角にあるのですが・・・
バイク駐輪場があるかどうか不安でしたが、
昆虫館入口に駐輪場があったので駐輪することができました。
(クルマの駐車場の前でも、バイク・自転車は駐輪できるようです)
エントランス
入館料(大人400円)を支払い、
足を踏み入れます。
「10倍の森」と言うオブジェが迎えてくれました。
伊丹の昆虫や植物が10倍の大きさで模型になっています。
キライだから気になる・・・
そんなヤツかもしれません。
シデムシは・・・
やっぱりキライですが、なんか気になる。
センチコガネもしかり(´Д` )
この前、当ブログで紹介した「アケビコノハ」の成虫がコイツです。
甲虫や蝶など、沢山の標本があり、
わずかながら・・・
生体(生態)も展示されています。 
どれが虫や?
コノハムシ。
ホンマ不思議やね~。 
生体展示場から、続きで蝶温室へ行けます。 
温室内には、色とりどりの花と、
色とりどりの蝶が飛び交います。
その数は・・・圧巻です。
蝶温室は、緩やかなS字スロープになっており、
2階へ続く仕掛けになっています。 
ゆっくりと、見ていると・・・
や、やばい!
個人客の天敵、小学生の団体です。
静かな蝶温室が、一瞬にして甲子園状態です。
足早に2階ホールへ。
2階ホールでは、企画展「秋の鳴く虫展」が行われており、
エンマコオロギや、キリギリス(この時期まで生かすのは難しい)が
鳴いていました。
もう一つの企画展は、「日本のカブ・クワの標本展示」です。
夏にやっていた企画ですが、好評で延長中だそうです。
見たこともない「ルリクワガタ」も、標本ながら初めて見ました。

その後、学習室の職員さんに、事前にまとめた質問をすることにしました。
職員さんは、「詳しい者を呼びます」と、飼育係の方を呼んで下さいました。
お忙しい中も、長々とした質問に、
飼育係の方は丁寧に答えて下さいました。
この場を借りて、御礼申し上げますm(_ _)m

ちなみに、学習室には「ヤマゴキブリ(山ゴキブリ・クチキゴキブリ・オオゴキブリ)」
の生体もおり、自由に触ることができます。
この模様は、後日・・・。


普通に回れば、30分もあれば充分な展示ですが、
私は、飼育員さんとのお話も含め、
2時間30分居ました。
興味の尽きない展示に、親切な職員の方々、
大変満足な昆虫館でした。
それでも、もう少しゆっくりしたかったのですが、
昆陽池の観察にも行きたかったので、昆虫館を後にしました。


    よろしければ、お一つクリックお願いします・・・( ´ ω ` )
            
    押していただくと、ランキングに反映されるのです。
    関連ブログもチェックできます(^O^)
  Check!↓フッターにも季節情報があります

0 件のコメント: