自 己 紹 介

自分の写真
京都市在中。自宅近くの嵐山周辺の西山や、桂川がホームグラウンドです。 現在飼育中の、数種のカエル・トカゲ・ 昆虫・鳴く虫の飼育記や、植物・ 野生生物を中心とした自然観察記、 釣り・山登りのレポートを記事にして いる、自然をこよなく愛す40代です(*^_^*)

2014年9月4日木曜日

うわっ血、血が・・・恐るべしカヤキリのパワー

今日はカヤキリが如何に危険かを、
皆さんに身を持って((((;゚Д゚))))お届け致します!

先ずは・・
「カヤキリってナニ?」という方へ、
簡単に説明をしておきたいかと思います。

下の写真をご覧ください↓
カヤキリにそっくりな姿形のキリギリス2種です。
上から・・
クサキリ=クサキリギリス(体長60mm)
クビキリ=クビキリギリス(体長80mm)

これにカヤキリを加えた3匹を、私は勝手に「B・3兄弟」と呼んでいます(^^ゞ
そして、コレがカヤキリ。
3匹の中で最も大きく、体長100mmほどあります。
ちなみに、「B・3兄弟」の由来ですが、
鳴き声が「ビ~~」と、切れかけの蛍光灯が出す
「ビ~」音そっくりな鳴き方をするので
勝手に「ビ~・3兄弟(=B・3兄弟)」と名づけましたが、
蛍光灯ほどおとなしい音ではなく、
家で安易に飼育するとイタイ目に合うことまちがいなしです(-_-;)
しかもこの大顎を見よ!!

「そ~言えば、メスのカヤキリって写真に撮ってなかったよな~」
という事で、メスのカヤキリの写真を鳴く虫図鑑に
追加するために撮影にやって来ました。

ススキ周辺を探すと・・・
丁度繁殖期に入っており、
オスのそばで難なく見つかりました。
 カヤキリの成虫期間はかなり短いです。
私的には、成虫期間は約2週間~1ヶ月以内ぐらいではないかと思っております。
と、言うのも何度か飼育経験があるのですが、
皆それぐらいで死んでしまいますし、
動・植物性と、色々与えてはいますが餌も殆ど食べないのです。
カヤキリ・メス
推測するに「成虫は産卵のためだけに成虫になる!」
つまり、セミと同じなのではないでしょうか?

まぁ、推測はここまで。
しっかり写真を取るのに一度捕獲します。
 でも、落ち着きが無いのです。
そう言えば、カヤキリって鳴いている時でも、
クツワムシのようにドシッと構えて鳴いているわけでなく、
あっちへウロウロ・こっちへウロウロ。
本当に落ち着きなくせわしなく動き回っています。

産卵管。
あの大きな顎で硬いススキやカヤの枝に穴を開けて
この産卵管を差し込みます。

ところがアクシデント(-_-;)
思いの外、カヤキリの首って動くのです。
体が大きいので「エっ?」と思うところまで・・・。
それで、久々やられてしまいました。
キリギリスも痛いけどここまではならんわなぁ。
やっぱ体が大きいのでパワーもハンパないです(>_<)




    よろしければ、お一つクリックお願いします・・・( ´ ω ` )
            
    押していただくと、ランキングに反映されるのです。
    関連ブログもチェックできます(^O^)
  Check!↓フッターにも季節情報があります

0 件のコメント: