自 己 紹 介

自分の写真
京都市在中。自宅近くの嵐山周辺の西山や、桂川がホームグラウンドです。 現在飼育中の、数種のカエル・トカゲ・ 昆虫・鳴く虫の飼育記や、植物・ 野生生物を中心とした自然観察記、 釣り・山登りのレポートを記事にして いる、自然をこよなく愛す40代です(*^_^*)

2013年3月28日木曜日

自然とあそぶ流カジカガエルの飼い方:その2(カエルの入手法)

前回、カジカガエルの飼い方:その1・カジカガエルの概要はいかがだったでしょうか?

楽しく飼育するには、まず「カジカガエルの生態を」という事で、記事にしましたが、
私のつたない知識では(?)だったかも・・・(´;ω;`)
今後も勉強を怠たず、又新たな事が発見できれば紹介します(๑≧౪≦)

さて、今回のカジカガエルの飼い方:その2は!
ズバリ、カジカガエルの入手についてお送りします。
カジカに限らず、動物の飼育には
その生き物を用意しなければなりません。

でも、このカジカガエル。
日本固有種で、昔から我々の生活に密着したカエルなのに、
案外、入手の仕方に《?》が付いてしまうのではないでしょうか(?_?)

前置きが、長々となってしまったのですが、お待たせしました!
本編なのだ( ゚д゚)ノ 


★捕獲 ~その方法と注意点~
捕獲についてですが、先ず「カジカが住む川を見つける」事が必要です。
「川を見つける」事は、当然の事と思われるでしょうが、
近年、宅地開発や治水工事などでカジカ達の生活圏が減少し、
たやすく見つけることが困難になってきています。
また、地方によっては生息地が、天然記念物に指定されている場合がありますので、
そのような河川では、もちろん捕獲することはできません

次に、非常に大切なことですが、
必要数以上捕獲しない事が大切です。
必要数とは、無理なく飼育できる・面倒見きれる数のことです。
飼育ケースのサイズにもよりますが、多くても2匹程度になるのでは、と思います。
それ以上は経験上、当底面倒が見切れませんし、「狭いスペースに詰め込み」では、
カジカもストレスを感じ良い状態で飼育ができません。
「自然とあそぶ」流の飼育とは、あくまで自然に限りなく近い環境で育てることなのです。

先に注意点になってしまいましたが、あと2つだけスンマセン。

・メスは出来うる限り捕獲しない方が良い。
カジカに限らずカエルのメスは、オスに比べその絶対数が少ない上に、
「産卵し子孫を増やす」と言う大切な仕事があります。
しかし、この注意点に反し、矛盾するようですが、私は生態研究のために
メスのカジカを1匹飼育しています。
ただ、飼育に至るまでに、フィールドにて十分な生息調査を行い、
多くのメスの存在を確認した上で捕獲しました。

・子ガエルの飼育はかなり難しい
子ガエルは、「育てる楽しみ」がありますが、抵抗力が弱いことと、
餌の調達が難しいと言う2点で、親ガエルを飼うより飼育難度が上がります。
フィールドに出れば、子ガエルの方が、親ガエルより絶対数が多く、
移動距離も短いので捕らえ易いのは事実ですが、それに反して飼育はかなり難しいです。
この点からも、子ガエルの捕獲はしないほうが良いでしょう。

①、カジカガエルはどのようなところに生息するのでしょうか?

◎渓谷に多く住む
カジカは、自然豊かな渓谷に多く住みます。
これは、水温の関係があると思われます。
なので、同じ河川でも下流に進むにつれ、生息数が減っていきます。

◎せせらぎが好み
水量が多くて深く、流れが速い河川は苦手です。
渓谷でも、支流や流れ込みなどの水量が少なくせせらいでいるような
場所を好む傾向にあります。
逆に、幅広の大きな河川でも水量が少なければ見ることができます。
鮎や渓流釣りをされる方ならよくご存知だと思います。

◎護岸工事は苦手
渓谷でも、治水のために護岸を「ビシッ」とコンクリートで固めてあるような河川があります。
このような場所は苦手なようです。
小さくても、ゴロタ石の川岸がある場所に多くいます。
これは、カジカの肌の色にも関係があるようです。(石と同じような保護色をしている)

◎実際には確認していないが、湧水の出る湖沼などでは、生息している所もあるようです。

以上のような所を、探してみてください。

②、何を頼りに?

◎晩春~初夏の繁殖期には、鳴き声を頼りに探すことができます。
これは、一番確実な方法です。

◎実際にフィールドを歩く。

◎インターネットや本を検索する。

③、具体的な捕獲方法

◎河原の水辺に限りなく近い場所を、川に沿って歩いてください。
カジカがいれば、「ピョコン」と飛びます。←ジッとしてればいいのにねぇ
着地した場所を確認し、捕まえます。
*慣れてくれば、手で十分取れます*

もし、川に飛び込んでも、水流が邪魔しないところであれば追跡できます。
カジカガエルは、アマガエルやトノサマガエルのように
泳いで遠くに逃げることはあまりしません。
多くは、サッと川中の石影に潜り込むので、よく見ておれば捕えることができます。

習性が解り慣れてくれば、面白いように取れますが、
前途した通り、くれぐれも必要数以上は捕獲しない様、重ねてお願いします。

★購入 ~その方法と注意点~

カジカガエルも、商品として販売されています。
しかし、一般的な飼育下でのカジカガエルの繁殖は、まず無理だと思います。
(大掛かりな設備があれば可能かもしれませんが。例えば流水状態が作れるような・・・)
なので、おそらく商品として販売されているカジカガエルは、
野生個体を捕獲したものと考えられます。

野生個体を販売することは、賛否両論あるかと思います。
「希少な動植物を捕獲し、商品として扱う」ということに、抵抗と乱獲の危機を
感じる方もおられるかもしれません。
反面、カジカが生息しない地域の方や、どうしても捕獲ができないと言う場合は
購入もアリでしょう。自分で捕獲した場合も、購入した場合も「大切に育てる気持ち」が
あれば、カエルにとっては同じなのですから。

過去の歴史を紐解いてみると、江戸時代には
カジカ売りや虫売り(キリギリスなど鳴く虫)、金魚売などがいたといいます。
今のペットショップの走りですね。

①ペットショップで購入

どこのお店でも扱っている!と、いうわけではありませんが、
両爬虫類に力を入れているペットショップでは、扱いもあるようです。

その際、複数販売されている場合は、カエルを選ぶことができます。
カジカガエルは個体によってかなり体色が違います。
また、サイズや健康状態、落ち着き具合などを見て購入されるといいでしょう。
わからない場合は、店員さんに聞くこともできます。

②ペットショップのネット販売

ネット販売は、多いですね~。
よく見かけます。カジカに限らず、モリアオガエルやヒキガエルまで販売されています。
ネット販売に関しては、自宅にいながら個体を購入できる手軽さと、
近くにペットショップがない場合には便利な反面、
実際に見て買うことができない為、「イメージ写真とかなり違う」「個体の状態が良くない」
などのトラブルもつきものであるという認識の上、購入する必要があるでしょう。
また、通販の最大の弱点は、やはり「輸送」でしょう。
これは、カエルにとっては「大変過酷な状況」であり、過度のストレスを与えることは
想像に難くないでしょう。最悪の場合は「死着」又は、輸送が原因で、かなり弱って
「すぐに死んでしまう」という危険性があります。
そのような、利点・欠点を理解の上、利用するのもアリかもしれません。
ちなみに、私は通販は利用したことがありません。

③オークションで落札
シーズンになると、販売されている方を、チラホラ見かけます。
数を販売すると結構な額になるので、ちょっとした「小遣い稼ぎ」になるのでしょう。
利点としては、ペットショップやネット販売で購入するより、安く買えることでしょうか?
逆に欠点は、②の理由と共に、個人販売のため死着の際の保証が無いなど、
トラブルを生む可能性があります。
また、これは想像ですが、オークション目的で捕獲された個体の扱いは、
かなり悪のではないかと思います。なので、ペットショップで管理飼育されている
個体より状態が悪い場合もあるのでは?と思ってしまいます。
なので、利用する場合は、その辺りを十分理解納得して購入してください。

さて、たいへん長々書きましたが、「カジカガエルの飼い方:その2」はいかがでしたでしょうか?

いよいよ、次回は飼育について解説していきます。乞うご期待!

        ←その1へ  その3へ



       よろしければクリックを・・・( ´ ω ` )
            
         どうも。どうもです。


《Links→昆虫ランキング カエルランキング 野生生物ランキング

0 件のコメント: