自 己 紹 介

自分の写真
京都市在中。自宅近くの嵐山周辺の西山や、桂川がホームグラウンドです。 現在飼育中の、数種のカエル・トカゲ・ 昆虫・鳴く虫の飼育記や、植物・ 野生生物を中心とした自然観察記、 釣り・山登りのレポートを記事にして いる、自然をこよなく愛す40代です(*^_^*)

2015年5月3日日曜日

コシアブラ・タカノツメ・・・山菜採り:スピード採取編

あっと言う間に桜も散り、山にはウグイスが鳴き始めました。
そうなれば、いよいよアイツ・・・!
そう、「ボチボチコシアブラも食べ頃じゃないか~?」
と言うことで、4月21日(火)山へ向かいました。

この日は、3時半に仕事が終了。
山の入り口まで原付で30分。
しかも、今日は嫁の実家と食事会があるので、
6時半には帰宅していなければならない。
「う~ん?あんまり時間がないな~」
帰宅時間を考えれば、5時半には折り返さなければならないので、
実質、滞在時間は1時間半。
さて、この時間で、コシアブラが収穫できるか心配なのですが、
一応、心当たりの場所を重点的に、回ってみるコース取りを行い
出発しました。

さあ、スピード採取の始まりです!

道すがら、生えているイワタバコや・・・

ちょうどいいサイズのタラの芽も無視!
今日は、コシアブラメインで探索です。

余談ですが、次の日4月22に日は、休みなので、
この日にゆっくり行けばいいのですが、
いてもたってもいられなくなってしまい行ってしまいました。
次の日は、別のルートを探索する予定です。

さて、山の入口から20分ほど掛けて走り、バイクを停車。
そこから、山中へ入ります。
山は既に木々の芽だしの最盛期で、1ヶ月前に比べると、
少し薄っすらしつつあります。

この時期は、色々な木々の芽出しの時期なので、
少々ややこしいですが、慎重に見極めて行きます。

すると・・・山の斜面で、足場が悪いですが、ありました!
ちょうどいいサイズのコッシーです。
若木は、柔らかくて、くにゃっと曲がるので、手繰り寄せて収穫します。
それと、コシアブラは、タラの芽以上に芽がつきますが、
それでも取り過ぎは無用。
丸裸にすることなど無いようにしましょう。

手が届かない、高木のコッシーが多い中、折角の貴重な低木ですからねぇ。
これから、手が届かなくなるまで、数年は、お世話にならなければならないので。。。(^o^)

この様な、高木のコシアブラになると、収穫は難しい。
木に登るか、高枝バサミなどで採るしかないだろう。
それでも、芽全体の1%も取れないかもしれない。
山菜採りは、それでいいのだ・・・
春の恵みを少しいただく。
それが、山菜採りの魅力であり、貴重さなのです。

場所を変え、タカノツメ・コシアブラの共演を発見!
同じウコギ科です。
どちらも香りがあって美味いですね。

タカノツメの由来は、冬芽が鷹の爪の形に似ていると言うことらしいが、
私は、コチラのほうが鷹の爪に似ていると思う。
芽出しのタカノツメ。

この辺りから~このへんのサイズが食べごろ。
タカノツメは、葉が3枚↑↑

コシアブラは、葉が5枚です↓↓
それと、コシアブラには葉柄がつくので直ぐに見分けがつきます。

今度は、ウコギ科の総本家。
その名もウコギです。
何でも、東北の方では、食料確保と、不審者侵入に備え(ウコギには刺がある)、
生け垣として植えられているそうです。
ウコギ飯は、美味いらしいですが、私は炊いたことがありません。
それでも、天ぷらでも十分美味いっす。
トゲ、見えますか?

時計は、5時40分。
仕事帰りということと、この後予定があるので、
名残惜しいですが、山を後にする時間です。

今日の収穫です。
実質1時間半の山菜採りでしたが、
案外いい成果です。
京都周辺のウコギ科は、今日明日が摘み頃です。
それを過ぎたら、直ぐに大きくなりますからねぇ(>_<)
植物の成長は、案外早いですからね。

    よろしければ、お一つクリックお願いします・・・( ´ ω ` )
            
    押していただくと、ランキングに反映されるのです。
    関連ブログもチェックできます(^O^)
  Check!↓フッターにも季節情報があります

0 件のコメント: