自 己 紹 介

自分の写真
京都市在中。自宅近くの嵐山周辺の西山や、桂川がホームグラウンドです。 現在飼育中の、数種のカエル・トカゲ・ 昆虫・鳴く虫の飼育記や、植物・ 野生生物を中心とした自然観察記、 釣り・山登りのレポートを記事にして いる、自然をこよなく愛す40代です(*^_^*)

2015年2月23日月曜日

八重山の自然レポート:その6 (石垣島・エメラルドの海を見る展望台)

今日は、石垣市からほど近い、バンナ公園内にある
展望台【エメラルドの海を見る展望台】の景色をお届けします。

ヒカンザクラが咲いている山道を、頂上目指して走ります。

着きました!
エメラルドの海を見る展望台です!

早速階段を上がってみます。
 
Wow!
本当に、一望です。
ただ、天気が悪いので、「エメラルド」とはいきませんが、
それでも綺麗ですね。


中央の、湾のような場所が、先日お届けしました
「名蔵アンパル」です。

石垣市街の先に見えるのは、かの有名な竹富島です。

市街の前海は埋め立てが進み、ここだけ見ると、神戸港のような雰囲気でした。
自然の宝庫と思っていた石垣島にも、埋め立て地があることに、
かなりの衝撃を受けました。

アップで寄ってみました。

ご覧のように、そんなに高い山ではありませんが、
それでも、充分見渡すことが出来ます。

内陸部です。
石垣島は、周囲140km。とても、1日では回りきれませんが、
明日は、西表島へ向かうので、名残惜しいですが、
今日は、このエメラルドの海を見る展望台が最終目的地です。

石垣島は、あまり高い場所が無いので、
この山にもアンテナ施設が設置されているようです。
石垣島は、京都から約1700km。
沖縄本島からも410km離れている南端の島。
日本って広いと、改めて実感しました。

    よろしければ、お一つクリックお願いします・・・( ´ ω ` )
            
    押していただくと、ランキングに反映されるのです。
    関連ブログもチェックできます(^O^)
  Check!↓フッターにも季節情報があります


3 件のコメント:

ビギナーama さんのコメント...

私も昨冬、石垣島に行きました。写真を拝見しながら「ああ、そうだった、そうだった」などと思いつつ、やっぱり夏に行きたい所だなあとあらためて思いました。

ところでウチのカエル、だめでした。先日、お腹を見せて横たわっていました。
1日1回、時々2回、温度と居場所のチェックをしていましたが、1回の観察時間は2、3分にとどめていましたので、見ている間に動くことはありませんでした。出来る限り定時チェックを心がけていましたが、24時間で少し向きを変えた程度の時も結構ありましたが、多い時には15センチくらい動いていた時もありました。
水苔は充分湿っていたので、乾燥ではないと思いますが、体力を使い果たしたか、病気になってしまったのか、わかりません。

エサを捕っていた所に出向くと、緑がずいぶん目立つようになり、イヌフグリが咲いている所もあり、もう少しで暖かくなる所だったのに…と、気づいてあげることが出来なかったのが申し訳なくて、悲しくて、淋しくて、まだまだ泣いています。

いろいろ、ご相談にのっていただき、ありがとうございました。
ブログ、これからもまた読ませていただきます。
カエルの話題がやはり楽しみです。

s sugi さんのコメント...

amaさん。

こんばんは。
私も、今コメントを拝見いたしまして、
大変びっくりしていると同時に、
非常に悲しい気持ちになっております。

私も、今まで飼育した中で、何度か死に遭遇しました。
その時は、Amaさん同様にショックで、
飼育をやめようと思った時期も、正直ありました。

でも、カエルたちの癒しは、その悲しみの何倍以上もの喜びや楽しみを与えてくれるのです。

そして、不謹慎な言い方かもしれませんが、
彼らの死があったからこそ、今があると思って、
彼らの死を無にせぬよう、カエルたちを飼育し続けています。

今までコメントを頂き、経過を知っているので、
その限りでは、Amaさんの飼育は、十分やっておられました。
もしかしたら、カエルの寿命だったのかもしれません。

いや、今回の死は、そう思っていただき、
ぜひ、次につなげて頂きたいかと思います。

もうすぐ春です。
自然のカエルたちも起き出す季節です。
この悲しみを乗り越えられるのは、
Amaさんが、新しいパートナーを迎えることだけです。
ぜひとも、飼育はやめないでください。

そして、今回の経験を次の飼育で生かしてください。
春には、新しいパートナーの飼育報告を頂けることを期待しております。
             sige

ビギナーama さんのコメント...

Sige様

励ましていただき、ありがとうございます。

その通りかもしれません。
まだ何も考えられませんが…。

飼い主に連れられて歩いている犬を見て、咲いている花を見て、「生きている」ってすごいことだなぁとつくづく感じています。

今年、無事に生まれ育った子カエルを見たら、また元気が出るかもしれません。つい手を出したら…、そのときはまたご報告させていただきます。

ありがとうございました。