自 己 紹 介

自分の写真
京都市在中。自宅近くの嵐山周辺の西山や、桂川がホームグラウンドです。 現在飼育中の、数種のカエル・トカゲ・ 昆虫・鳴く虫の飼育記や、植物・ 野生生物を中心とした自然観察記、 釣り・山登りのレポートを記事にして いる、自然をこよなく愛す40代です(*^_^*)

2012年10月16日火曜日

ミルワームの養殖について


ミルワームと言えば、両爬虫類には欠かせない餌だ。
年中入手できて、安いものだが、
簡単に繁殖させることができるので
その方法を紹介しよう!(^-^)!




大小とりどりのサイズが居るのは、
産卵時期が違うから。


★改めて、ミルワームとは・・・

もとは、日本にいない昆虫だが、
鳥や両爬虫類の活き餌として一般流通。
ヨーロッパなどでは、製粉場や穀物倉庫の害虫。

一方NARO 農研機構独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構のHPによると、

抗生物質を生成する虫として紹介されている。

こちらが成虫。
和名:チャイロコメノゴミムシダマシ




★まず、用意するのは、

①種ミルワーム - ペットショップで1カップ180円ぐらい。
             餌となる「ふすま(小麦粉のぬかのようなもの)」の量が
             多いものが、死亡率も低い。
②プラケース   - ある程度広さのあるものが良い。
             高さは必要ない。
             私は100均の蓋付きのビデオテープケースを3個使っている。
③餌及び床材  - ミルワームに充填してある「ふすま」に加え、小麦粉と
             パン粉(コレガ ポイント ナノダ(^◇^))を
             厚さ3cm位に敷きつめる。
             

ナント コレダケ チョー カンタン

水分はどこから吸収しているのか(?_?)
全く与えなくてもよい!!!




パン粉にまみれる成虫。
羽化したては真っ白。
その後、茶色になり
羽が固まると黒くなる。

あとは、ホントにほっとくだけでよい。
勝手にどんどん増えていくが、注意しなければならないのが、
幼虫がサナギになった時。

自分で移動できないサナギは、
時に、幼虫の攻撃に合い、食われてしまう。
なので、幼虫を見つければ、
素早く別容器に移してやろう。
(→ペットボトルの下部を切ったものを使用すればよい)

蛹化は、パン粉の表面で行われるので、
見つけるのは簡単だ。




★温度管理について

夏場の高温には非常に強い。
直射日光に当たらないところであれば、
野外でも特に、場所を選ばない。

ミルワームは、温度が高ければ高いほど
成長が早く、産卵行動も起こしやすい。
繁殖目的では、このような状況がよいが、
反面、餌として与える場合には、
成長を止める意味で、冷蔵庫にて保管することもある。

 但し、我が家では、冷蔵庫どころか
    通常は玄関を越えることさえ許されない!





   ヨメガ チョー ムシ ギライ ナノダ(@_@)


冬場の管理については、部屋の中で適切な温度管理を
してやれば、繁殖可能。
しかし、この時期は両爬虫類も冬眠中なので、
私は、床下収納庫に入れ、休眠させている。

通常は、玄関を越す事が出来ないミルワームも、
逃げ出す事がないと言う事を、嫁に十分説明し、
使用していない床下収納庫へ入れている。



ワタシノ ヒッシサニ ヨメハ シブシブ リョウショウ ナノダ(*^^)v



春になり、気温が高くなれば
自然に起きだし、成長を続ける。



★成長度合

夏場の成長の早い時期であれば、
販売している種ワームなら、直ぐに成虫になり、繁殖行動を行う。
産まれた卵(もちろん目には見えない)は
一月ほどすれば、目に見える様な大きさのミルワームになる。
大体、餌として使用するくらいのサイズになるには3ヶ月程要する。





ブログランキング参加中!
よろしければ、クリックお願いします<m(__)m>
アニメ-ション矢印アイコン応援ありがとうございます!!(*^_^*)




やっぱり自然はオモシロイ


 この自然を守るため、

ごみは必ず持ち帰ろう!

0 件のコメント: